蜘蛛歩き・・って?難しいかもな~。

スタジオアチーブで運動。

いろんな歩き方やってみたけど、蜘蛛歩き・・・って、難しいかもな?。両手両脚を自由自在に動かせて、前、後ろ、斜め前、斜め後ろ・・・と、自在に歩けるかい?

ロープの上を、*落ちないように*ボールを持って歩く。子ども達、ロープの上、まっすぐに歩けないんです~~う。ゆらゆら、からだ揺れてるし・・、「崖の上」なら、海にドボンしてるな、みんな。

両手伸ばして真横に開いて、ゆっくりバランスとりつつ歩くのは、少し容易いかも?

ボール両手で持ってしまうと・・バランスっちゃ~とりにくいのね。

何でもあるもの全部使って、子ども達のからだ力をUPさせないとな~~。008 007

お子様達の「からだ力」を伸ばす場所→完成♪

平成29年9月22日、徳島県障害福祉課さんが、現地調査に来て下さいました。

スタジオ・アチーブ。ここは、お子様達が全身を使った運動や遊びが思う存分出来ます。「指導訓練の場所」

指導や訓練なんていうと、何だか堅苦しいけれど・・「木」で作られた広い場所で、お子ちゃま達が「自分の身体を自分で思うとおりに動かすことができる」「身体を動かすことはとっても楽しい♪」「少しづつ体力UP]等々・・・理学療法士がいろんな遊びや、ゲーム、巧みに身体が動くようになる遊び+運動・・などを行います。

身体を動かすことは楽しいよ~~。もしも、歩けなくて車いすのお子ちゃまも、お友達のうごいているのを見たり、柔らかいボールなんかに触れたり・・いっぱい笑顔になることが待ってるよ♪

とおりゃんせは、身体をつくる「食べ物」と、楽しく身体を動かせることと、自分から「やってみよう」と思う心を育てる・・・・そんな方針でやってます。

ボルタリング設備もあります。初めて見た幼稚園児が、オトナが何も言わないのにニコニコ笑顔ですいすいテッペンまで登っていきました。子どもっちゃ、すごいな!

トランポリン、跳び箱、平均台、ボール、なわとび、フラフープ、柔らかマット・・様々な用具を使い、楽しく笑ってる間に*かだら力*が培われるんですネ。

理学療法士、元保健体育教諭、看護師、保育士、なんかが一緒に行いますので、安心してお任せ下さい。001 003