地震時の避難訓練をしました

すごい南海トラフ巨大地震が、必ずある・・いつかわからないけど。

もしもの時の、避難訓練をしました。

子供たちの利用もあったり、高齢者の皆様もいらっしゃいましたから、真剣に気合を入れて実施しました。

とおりゃんせをご利用の人は、町で指定された避難場所には行きません。子供たちは、知らない場所で知らない人々と過ごすなんてことは、無理なんです。パニック起こしてしまいます・・きっと。

ここは、食料、水、衣類,寝具、発電機・・ほぼ揃っていますから、ここが避難場所となります。

実際にその時が来たら・・どうなるかは誰にもわかりませんが、命さえ守れたらあとはなんとかなる・・そう信じています。

で、移動手段として、モノや人間を運ぶ「リヤカー」を準備してあるんですの。平成や令和生まれの人は知らないかもわかりませんが、これは重宝するな。

子供たちを乗せて移動しました。そしたら、大喜び!訓練が終わってから、代わる代わる順番にリヤカーに乗ってもらって、広い駐車場を「散歩」したよ。

そうそう、駐車場が完成しましたの。とおりゃんせ敷地の隣、210坪。トラックだって、バスだって駐車できますよ。

皆さんはリヤカーって知っとるかい?ありゃー乗ると楽しい面白いよ。

 

干し柿・・・って、昭和の人間しかしらないの?

スタッフが実家に鈴なりになっていた「渋柿」をたくさん持ってきてくれた。

あたし昭和の人間だから、せっせとカワ剥いて「ヘタ」を紐で結び,2個組にして→熱湯につけ、ちょっと焼酎なんぞをシュシュっと吹き付け、風通しの良い場所につるす。

平成生まれの子供たちが、学校から帰る。「なに、これ?」って。

来月には、甘い、あま~~い干し柿になるんじゃい!お店で、売ってるものとは違うぞ。無農薬の柿を丁寧に剥いて、処理をして、風通しの良いところにつるす。

美味しい干し柿になったら、みんなで一緒に食べようね。

平成生まれのお子ちゃんたちは、種とかに拒否反応おこすのだろうか?そんな事したら、承知しないぞ、ゆるさ~~~ん。

魚も骨とらないといけないし、スイカなども種を嫌う。令和に近い平成生まれは、どーなっとるんじゃい。

な~んか、人間のおかーさん、哺乳類の人間の子育てるんでっせ、柔らかくて骨や種のないものばかり食べさせていたら、・・・困ったことになりませんかな?

気を付けましょうネ。て・ん・ら・く。

隣町に車の一年点検に行ったわ。途中の道の両側で、たわわに実った柿の収穫をしていた。

片方の柿の木は、70歳代の男の人が柿の木の剪定をし、かなり大きな木を手に握ったままアルミ製の梯子を下りてきていた。

車で通りすぎた瞬間~後方で大きな音が!!!!あたしの車のバックミラーには、柿の木を握ったままで梯子から落ちた男性の姿が~!!

付近の人が、声をかけ走り寄っていた。

あたしが通ったせいじゃあありませんから!

高齢になったら体のバランスも悪くなり、梯子や木から転落する事故は後を絶ちません。

落ちたら、骨、折れる~~。腕,足,脚、かかと、骨盤、肋骨・・どこが折れても、ヒビが入っても不思議ではない。なかなか治らないし・・・・。

気をつけなくちゃ。

 

長い長いご無沙汰でした~~。

朝夕寒くなってきましたね。あたしたち、北海道犬は、と~っても嬉しい。

今、とおりゃんせ南側で工事が始まってる。駐車場にする工事。

ダンプカーで何度もクラッシャー?(粉砕した石?)を運んできては、全体に均等にならし、その上を大きなローラー?(名前は知らない、道路工事などで使ってる車)車でガ~~ッと締めていく。建物が揺れる~。

な~んにもない広い駐車場予定の土地は、広い。

何が出来るかなあ~。

①子供たち、縄跳びが出来るよ!②自転車の練習が出来るよ!③鬼ごっこもできるなあ~。

この駐車場が、発展していくといいね。みんなに役立つモノになると良いね。望めばきっとかなうはずだ。