使い便利なグッズ

おかん達、キャンプは昔よく行ってたから、シュラフっちゅうものは持っていたけれど・・なにしろ「昔」「昔」のものなので・・・十分使ったっちゅうことで・・さよならしたらしい。

洗濯機で丸洗い出来るし、肌触りがいいし、マイナス5度までOKらしい・・。

災害時にも使えるし、車中泊っちゅうのにも使えるし、何しろ軽くて、持ち運びに便利。

あたし達北海道犬は、純毛の毛皮で被われているから・・こんなものは要らないけれど・・ホントは、寒い寒いところより、ポカポカの場所がいいに決まってる。

人間が「甘ちゃん」になってしまったから、ワンコが可愛そう・・なんて「服」を着せたりしてるぜ。お願いだから、北海道犬にだけは「服」など着せてくれるなよ!!002

今日のご馳走は*ししとう*

ヤギのゆきちゃんの食べる「草」が少なくなってきたから、腹ペコじゃないのかナと心配して・・・おかんが「ししとう」を抜いて、与えてみたらしい。

な、な、なんと、ボリボリと美味しそうに食べてる~~♪

辛いんじゃないの?・・なんて、周りが心配せんでもええ!美味そうに食べてるもん♪

助かります、ありがとう♪

薪ストーブって、とても気持ちよく暖かい♪興味のある人は、きっと備えたいと思う。

 

でも、薪の確保が・・結構・・タイヘン。購入すれば、お金が~~、しかし・・お金はない。

ご近所の皆様のおかげで、「木、いらんの?切っちゃあるけん、取りにきいよ♪」って知らせて下さる。

今、木の剪定シーズン。もう昔みたいに、広い畑で「木」をどんどん燃やして処分することなどは出来ない。「お金」を出して、木を処分してもらわないといけないらしい。

ありがたいことに、「木、あるでよ~」って声をかけて下さるかたがいて、軽トラで頂きに走る。

このあとは、チェンソーで切り、畑に積んでいくだけ。→来年には、使えるよ♪

ありがとうございます。003

寒~~う、なりましたなあ~。

イッキに朝夕冷え込むようになった。きっとーー体調こわすヤツ出てくるぞ、必ず。

誰より先に、先頭きって風邪ひくヤツ・・今年も・・恒例かいな?先頭きって風邪ひくのなら、ちっとは、体調管理せーーーよ!

って、おかんは予想しとるらしいけど、あたしたち北海道犬は、もっと寒くなるともっと嬉しい、雪なんて降ると、駆け回って大喜びだい♪

徳島のなまっちょろい寒さだと、北海道犬もなまっちょろい「毛なみ」にしかならないんだよね。

寒くなると嬉しいんだけど、人間は、早々と薪ストーブに火を入れとる。いつも快適の場所ばっかりにいると、心も身体もなまっちょろくなるぜ!

ハトぽっぽ体操

保育園の運動会。

一番ちいさいお友達は、0歳~1歳になったばかり。

周りのおとなの都合で次々プログラムが進行していくけれど、小さなお友達は

やりたいことや見たいこともあるのに・・オトナの勝手で・・無理矢理・・ハトぽっぽ体操の時間になってしまった。

泣く子・・いっぱい。

この子、1歳になったばかり・・ご機嫌でハトぽっぽになっていた~でも、終わったとたん、反り返って泣く!!

わけ・・大好きなハトぽっぽ体操を・まだまだ・・やりたかったんじゃーーーー!!imgp7466

忘れるところでしたぜ!

春が来た頃、店先に「おまめさん」が出回る頃、気付くんですの。

「あっ、スナップえんどうもグリーンピースもきぬさやも・・植えときゃよかった。」って。

根っからの横着者なので、毎年「植える時期」を逃す・・、他所様の畑をじっくり見ることもなく・・日々が過ぎていく・・・そして気付くんじゃ。「植えるの忘れた」って。

今年は、植えましたぜ。3種類のおまめさん♪70個くらいづつ植えましたが・・・

あとは、畑をしっかりと肥やして・・もうちょっとしたら畑に植え替えよーっと♪002

幼稚園に行ったよ♪

とおりゃんせ2の4歳児(男の子と女の子)は、初めて地元の幼稚園に

遊びに行きました♪

医療的な処置が必要で・・ホントは幼稚園に行っている年齢ですが、ちょっと見送って、とおりゃんせ2で療育を受けています。

とおりゃんせ2は、小さな子どもの人数がほんの少数なので、子ども達の為には大勢の子ども達の中で・・ということを経験させてあげたいから

あたし、町の教育委員会にお願いに行きましたの。

地域での交流の一環として、また、医療的処置が必要だったり、歩行が十分出来ない子ども達にも、幼稚園という子どもの中で交流するという経験は、実に重要なことだと思うから、週に1回くらい交流させて欲しい・・と、お願いしました。

もちろん「不慮の事故」などは想定のうえでのお願いです。

即、OKして下さり、今日の実現となりました。

看護師と理学療法士2名が一緒に幼稚園に行きました。

子ども達はとても喜びました。ほんの一時間ほどの交流でしたが、大成功♪

良かったネ。

子ども達に良いと思うことは、保護者のご意見もお聞きしながら、どんどん積極的にアプローチしていきたいと考えています。